DFAの確かな技術とパリ仕込みの色

2015.02.26. ひな祭りアレンジ

今日は桃の節句、ひな祭りです。

女のお子さんをお持ちの皆様、おひな様を飾られましたでしょうか…

今年も我が家は忙しさに紛れておひな様のお顔を見ることが出来ませんでした…


そんなご家庭はもちろん、今回のアレンジは思わず口をついて「わぁ!春ですね♪」と、

持って帰りたくなるアレンジメントです。

 

かわいいピンクの籠にオアシスをしっかりセットして、和紙でおひな様のお着物を作ります。

お顔はなんと桃の花です!

 

ますは小手鞠でフレームをかたどったら、ぼんぼりに見立てた麦の穂を生けます。

そして春らしい桃色のガーベラを菱餅に見立てて、しっかりとした安定感と存在感を持たせます。

 

春と言えばチューリップですが、この桃色の色加減でアレンジのイメージがぐんと変わります。

茎のカーブをうまく使って柔らかさを出します。

 

男雛には白を基調とした水仙を、そして女雛の側にはアクセントとして紫のスカビオーサを。

 

バックに明るい菜の花を持ってくると、すっかり籠の中は春爛漫になりました。

 

今日も冷たい雨の一日となりましたが、春は刻一刻と近づいています。

 

ひな祭りのアレンジで、まだまだ待ち遠しい春を先取りした一日でした。

 

スタッフ 神谷