DFAの確かな技術とパリ仕込みの色

2015.02.23. DFA1の試験が開催されました。

2015年度 DFA1の試験が開催されました。

2月22日(日)にDFA(ダッチ フラワー アレンジメント)1の試験が開催されました。

 

当教室の1年に一度の大イベントで、この日に向けて1年から2年、受験生は合格に向けて技術を磨き、努力を重ねます。

 

今回の試験のテーマはトライアングルセントラルポイントベースと、フューネラルリニアクロスでした。

 

トライアングルセントラルポイントベースは、花器を使ってお花を三角形に生けながら、中心にポイントを持ってくるスタイルのアレンジメントです。

 

フューネラルリニアクロスは、ご葬儀の際に棺の上を装花するための、十字架の形をかたどったアレンジメントです。

 

オランダから来られたDFA代表のエリック先生、オランダ人で横浜でお教室を開催しているドリーン先生、そして当校の松本代表の3名が審査を担当いたします。

当日は公正に、真剣な審査が行われます。

 

各審査員の点数の差が3点以上になった場合は、「どこがどういう状態なので何点を付けたか…」を、3人で真剣な協議を重ね、作品に対して公平な点数がつけられます。

 

当日中に合否が発表され、悲喜こもごもの1日となりました。

 

大人になって、このように真剣に課題と向き合い、緊張する時間を過ごすことはとても貴重な体験です。

 

ナーバスになりながらも真剣に努力をした体験は、またこれからの皆様の人生に生かされていくことと思います。

 

来年の試験に向けて、また講師一同全力を尽くして参ります。

 

来年の合格を目指して頑張っておられる皆さま、これから一年間頑張って参りましょう!!

 

スタッフ 神谷

 

続きを読むをクリックして当日の様子をご覧ください。