DFAの確かな技術とパリ仕込みの色

2015.01.31  研究科レッスン 春のアレンジメント

1月 研究科レッスン 春のアレンジメント

 

 

新年が始まり、今月の研究科のレッスンもスタートいたしました。


 

今回は春をイメージした、ピンクと紫を基調とした珍しいアレンジ作品です。

 

つるを使って枠を作り、枠に沿ってお花を挿していきます。

つるの曲線を上手に利用して、丸みを出していきます。

 

そして根本は安定感を持たせるためにボリュームを出して仕上げます。

 

茎の直線を生かした個性的で新春らしいアレンジメントになりました。

 

紫のトルコキキョウと反対色の黄色がアクセントになり、ホワイトやグリーンが効果的に使われています。

 

そしてチューリップやパンジーが季節感を醸し出します。

 

個性的な色をミックスさせながらも、まとまりがあり、軽やかさを表現することが出来た初春の研究科レッスン作品でした。

 

 

スタッフ 神谷