DFAの確かな技術とパリ仕込みの色

2014.12.5 松の市へ

松の市へ

先日、松本先生と牧先生が「松の市」へ行かれましたので

松本先生の感想を伺いながら、市場での様子を

グリーンフィンガーズスタッフの緒方がお伝えします!

 

市場の朝はとても早いのですが、先生方は全く苦ではないようで・・・

前夜から「今年は、どんな松にしようかしら」とワクワク♪

今年も二人仲良く、朝一番から向かっていかれました!

 

市場では各仲卸業者が、松のブースを開き

いろんな種類の‟松”がある中で、いつもは高くて品数が少ない

「白寿」という品種をゲットする事ができました!

その可愛くて、愛らしい‟松”に

松本先生が惚れ込んでしまったようです!

※「白寿」は平成19年に日本全土が生んだ新品種だそうですよ。

 

松をゲットした後は、「どんなデザインにしようかな・・・又、少し苦しみの始まり?」と言われながらも…

素敵な松で皆さんとアレンジできる日を思い浮かべて、幸せそうな表情♪

市場では、仲卸フラワーの会長にお会いする事もでき「久しぶりやね」って、笑顔で迎えて下さったようで

「とても嬉しかったー!」と素敵な出会いもあったようです。

松本先生の「花人生」、会長はいろんな「花仕入れ」の場面でお世話になっている方で

「いつまでもお元気で―!」っと、心いっぱいに思って帰って来られました。

 

世の中は‟クリスマス”なのに、花の世界では、そろそろ‟お正月”。

いい年を迎える「お正月花」すてきなアケビのつるも見つけて、取ってきて下さった人に感謝しながら

今年も皆さんに喜んで頂けるよう、デザインを考え中です!

また、ブログでもお正月花の様子をお届けいたしますので、お楽しみに♪