DFAの確かな技術とパリ仕込みの色

2014.12.09 師範科コースレッスン

師範科コースレッスン

こんにちは。

師範科コースの石井です。

もう12月、、、はやいものですね!

このところ寒さも一段と厳しくなってきましたが

グリーンフィンガーズの教室はレッスンの熱気で寒さもどこへやら・・・

 

今日のレッスンはホリゾンタルです。

花材も厳選された心地よい上質なお花たち♪


※ホリゾンタルとは

 真上から見るとダイヤモンドの形でアレンジメント の中央は高くなります。

 

 

まず、アウトラインの左右にドラセナとアンスリウム、前後にモミの木のブランチとユーカリを花器に対して

水平に入れます。


そして中央に高く入れるのは八重リリーです。

初めて見る八重リリー「きれい!やさしくて可愛い」

感動ものですね。

 


八重リリーをフォーカルポイントに使いますが、(FPとはアレンジメントの焦点の事です。)

後は、パープル色のトルコキキョウとしとやかで上品なとき色バラ・スイトピーを段差を付けながら。

そして、ユーカリ・トルコキキョウつぼみのグリーンを隙間に入れていくのですがかなりのテクニックが必要ですね。

 

とても難しい!!!

 

どこから見ても綺麗に・・・

真上からもダイヤモンドの形になってるかな?

ホリゾンタルはエレガントに生けるそうですが仕上がりは・・・?

最後にチェックです!

 

いつも思うのですが、この教室は、とてもグリーンが生きてると思いませんか?

テクニックはまだまだですが洗練されたお花にカバーされて綺麗に仕上がりました。

次回は試験です。頑張らないとね。

 

花材

トルコキキョウ

バラ

八重リリー

スイートピー

アンスリウム

ドラセナ

モミの木ブランチ

ユーカリ

 

 

 IN夙川本教室