DFAの確かな技術とパリ仕込みの色

2014/11/28 芦屋竹園ホテルのXmasデコレーション

芦屋竹園ホテルのXmasデコレーション





























季節ごとに、芦屋竹園ホテルのエレベーター横にある、ショーケースのディスプレイをさせていただいています。


今年のXmasは、パープルとホワイトを基調としたクリスマスデコレーションです。


今回は素材感の違うものを合わせて、エレガントさとカジュアルさをミックスさせ、上品でシンプルなイメージで仕上がりました。


クレッセントリース(三日月型のリース)は、貴婦人風パープルのアーティフィシャルフラワーをベースに、エレガントなラインを描きます。

 

ホワイトを基調とした円形のリースは、ウッドチップで飾りカジュアルなイメージです。

 

この2色の統一感を出すために、ツリーのテーマカラーの配置を工夫しています。

 

パープルのリースの下には、色目を変えてホワイトの綿の実をメインにしたツリーを飾りました。

ツリーのデコレーションはスパイラル(らせん状)のライン。

 

ホワイトのリースの下には、反対の色目のパープルのアーティフィシャルフラワー。

そしてスパイラルとは逆の、縦状の帯のラインを意識してツリーをデコレーションしてみました。

 

2つの色と配置のイメージを、対照的にミックスさせることにより、統一感を出しました。

 

クレッセントのリースは本物のもみ、ツリーは本物のもみと薩摩杉を使用しています。

 

幅3m、奥行き25㎝で、中央に仕切りのラインのあるケースの中で、いかにボリューム感を出すかが毎回の目標です!