DFAの確かな技術とパリ仕込みの色

2014.09.21 フランス視察 inリヨン フラワーショップと美味しいお店巡り 

フランス視察 inリヨン フラワーショップと美味しいお店巡り

リヨンに住んでいる親友典子さんのご自宅のお庭で朝食。とても良いお天気でプラムや桃など日本の物とは少し違いますが美味しかったです。


リヨンで最初のフラワーショップは約2年前にできたところで、若くてかわいいフローリストの方が花束やアレンジメントを作っていました。プランツを入れる器がとてもポップで壁掛けや置き型にでき、さすが”リヨン”っというカラフルさでインテリアにいいなっと思いました。


リヨンで2件目のフラワーショップは大きな体の店主が小さくてかわいいデザインのお花をいっぱい作って売っていました。とても喜んで迎えてくれました。


有名なチーズ屋さんに寄ってみました。この店は有資格者がいるので、品数の豊富なこと!!また街中にたくさんのお総菜屋さんがあり、どれも新鮮で美味しそうでした。


リヨンで話題のショコラトリー”フローラン・テヴノン”のお店に行きました。こちらの店は2014年春に阪急百貨店 梅田店で催された”リヨンフランスフェア”にも出展したこともあり、その時にぜひ本店に足を運びたいと思い訪れました。


リヨン伝統菓子”クッサン・ド・リヨン”で有名なショコラトリー”VOISIN(メゾン・ヴォワザン)”に行きました。1643年リヨンは質の悪い疫病に見舞われその際、3.5㎏のロウソクと金貨1枚を乗せた絹のクッションを持って礼拝行列をし、聖処女に祈祷しました。祈願成就し以降、歴史的な絹のクッションを形どった箱に、キュラソー酒の香りをアクセントにしたチョコレートを入れ”クッサン・ド・リヨン”が誕生し今では街の名物になっています。


リヨンで3件目のフラワーショップ。フランスの人々はお友達など訪問する際は必ずといって言いほどお花と少しのお菓子を持参するので、フラワーショップにはたくさんの花束が作られていました。ショップには次から次へとお客様がいらして、楽しそうに花束を選んでいる姿が印象的でした。


リヨンで一番有名なショコラトリー”BERNACHON(ベルナシオン)”に立ち寄りました。あのポールボキューズの娘さんの嫁ぎ先で、本当に美味しいチョコレートだったので皆さんのお土産に購入しました。


今日の昼食は久しぶりに和食をいただきました。典子さんの知人で日本食レストランを営む”智さん”のところで頂いた和食に大満足!沢山のフランス人が美味しそうに食べているのを見ていると、世界に誇れる食事だなっと痛感しました。やっぱり和食はいいですね。